お試し期間

介護支援ソフトの導入を考えている場合、実際にお試し期間として無料で使うことができます。
お試し期間でも使える機能は、実際に導入した場合と全く同じです。使い勝手を確かめてから本格的な導入を行うことができます。
お試しで使える期間は、ソフトの提供会社によって様々です。
また、いつから使えるようになるのかも会社によって異なります。
早く使える会社の場合、申込から3分程度ですぐに導入することが可能です。
最初に導入するにあたり、不明点が合った場合やメールや電話で問い合わせるということもできます。
介護支援ソフトを提供している会社のほとんどが、コールセンターを持っており、中には24時間対応を行ってくれるということもあります。

介護支援ソフトの導入にあたり、訪問サポートがあるような会社もあります。
実際に導入前に担当の人が直接会社まで来て、ソフトの使い方の説明を行います。
わからないことや疑問点をその場で質問することができるので、非常に人気のあるサービスです。
使い方の説明を受けた後は、実際にソフトを運用してどのような効果があるのか見ることができます。
なお、ソフトを提供している会社によって、訪問できるエリアが限られていることもあります。
事前に訪問が可能かどうかサービス提供元に問い合わせる必要があります。
介護支援ソフトは使いやすく設計されているので、インターネット上の説明やマニュアを読むだけでも利用できることが多いです。
しかし、導入するには不安なので説明を受けたいという人は多いです。