何気ない日常を送るためのサービス

ソフトを利用する

介護支援ソフトとは、介護の現場を非常に効率よく回すことが出来るシステムです。
介護の現場は常に人手不足で、多くの業務を抱えています。
事務作業を効率よく進めることができるのが、介護支援ソフトシステムです。
介護請求やケアマネのプラン作成等をサポートしていきます。
また、ひとつの端末だけでなく複数のパソコンから情報を確認することができる他、タブレットの利用に対応しているものもあります。
タブレットで外出先から情報を入力することも可能で、その場でプランの作成が行えるということもあります。
複数の端末で管理することができるので、多くの人が同じ情報を共有します。
使いやすく設計されていることも多く、すぐに使い方を覚えることが出来るというのも特徴です。

介護支援ソフトはお試し期間というように、無料でソフトを利用できる期間があります。
実際にソフトを利用して、どの程度効果があるのか実際に確かめることが出来ます。
お試し期間として使うことの出来る期間や、申込みを行ってからどの程度でソフトが利用できるのかはサービス提供元によって異なります。
早い場合は申込から3分程度で利用することも可能なこともあります。
また、ソフトの導入にあたり、実際にどのように使うのか直接現場に訪問して説明を行ってくれるようなサービスもあります。
使い方を直接見ることが出来る他、疑問点等もすぐに聞くことができます。
ソフトの導入時には不安を感じる人も多いので、非常に人気のあるサービスです。

簡単に普及している

介護支援ソフトを導入することで、手間の掛かる仕事を効率的に進められて、顧客の受けるサービスの品質向上に務めることができます。手動業務を減らせば、人件費を適正化することにもつながります。

» 詳しくはこちら

使いやすくできている

介護支援ソフトの中には複数のパソコンで情報管理できるものや、タブレットで情報を閲覧、入力するものが可能なものがあります。外出先でも入力が可能です。また、使いやすいようにデザインされており優れた操作性があります。

» 詳しくはこちら

お試し期間

介護支援ソフトを利用するにあたり、お試し期間が設定されていることがあります。ソフトを使う前に自前に使用感を確かめることで、実際の導入時にも安心です。また、直接使い方を説明するサポートもあります。

» 詳しくはこちら

メニュー